スポンサーリンク

本日のCCIダイバージェンス 2020-10-09

本日注目のダイバージェンス

おはようございます。

昨日の米国株は続伸して引けました。米大統領選は大きな不透明要因ですが、「どちらが勝利したとしても追加経済対策は大規模なものになる」との楽観的な見方に支えられているようです。実に楽観的ですね。

為替市場は、大統領のTwitter連発に疲弊しているのか、いよいよ方向感がなくなってきましたね。
下のチャートの通り、ユーロドルのGMMAは「1本」に見えてきました(笑)。方向感がないので、トレードは無しです。
(大統領選後に備えて、EAの開発でもしましょうかね・・。)

EURUSD H1
(クリックで拡大できます。)

本日の環境認識

昨日の通貨強弱

currency-strength.com

昨夜の米国市場

DJIA: 28,425.51 (+122.05, +0.43%)
NASDAQ: 11,420.98 (+56.38, +0.5%)
S&P 500: 3,446.83 (+27.38, +0.8%)
GOLD: 1,902.7 (+7.6)
OIL: 41.15 (-0.04)
US 10-YR: 0.774 (+0.007)
VIX: 26.36 (-1.7)

本日のアジア市場

Nikkei: 23,676~ (+29)
CME Dow future: 28,447~( +21 Dow)

本日の注目経済指標

本日は、注目度の高い指標発表はありません。
中国が連休明けです。

解説

  • 米国株は続伸しました。米大統領選は大きな不透明要因ではあるものの、どちらが勝利したとしても、追加経済対策は大規模なものになる、との実に楽観的な見方があります。
  • 為替市場は、リスクオンが継続していますが、円・ユーロ・ポンドを中心に方向感が定まらない展開が続いています。
タイトルとURLをコピーしました