スポンサーリンク

Bollinger Band Width(ボリンジャーバンド幅:BBW)解説(1)概要

はじめに

このシリーズでは、「Bollinger Band Width(ボリンジャーバンド幅、BBW)」をとりあげたいと思います。

Bollinger Band Widthは、ボリンジャーバンドとは別に、以下のようなラインを表示するインジケータです。

一目見て、「これは使えそうだ」と思いませんか?
ボリンジャーバンドの「スクイーズからのエクスパンションの初動」を捉えられそうな気がします。

Bollinger Band Width(BBW)とは

Bollinger Band Width(ボリンジャーバンド幅、BBW)は、標準のボリンジャーバンドから派生したテクニカル指標で、以下の計算式によって算出します。

Bollinger Band Width =(上限バンドの値-下限バンドの値)÷ ミドルバンドの値
すなわち、「バンドの上限と下限の幅」の「ミドルバンド」に対する割合です。

幅そのものではなく、ミドルバンドに対する幅の割合、であることがポイントです。

このBollinger Band Widthは、ボリンジャーバンドの考案者であるジョン・ボリンジャー氏によって、ボリンジャーバンドの発表から約30年後の2010年に発表されました。

ボリンジャーバンドを考案したご本人が、ボリンジャーバンド発表から「30年後」に発表したという話、何だかすごいですね。

バンドの狭さは「相対的」なものである

一目でわかる通り、Bollinger Band Widthは、ボリンジャーバンドの幅を測定するために有効ですが、ここで重要なポイントは、バンドが広いか狭いかは、「相対的」にとらえる必要がある点です。バンドの幅、すなわちボラティリティは、相場環境や、時間帯や、時間足や、通貨ペアなどによって異なります。

バンドの幅を相対的に測定するためには、まず、過去のBollinger Band Widthの最大の幅(最大のボラティリティ)、最小の幅(最小のボラティティ)を認識することが重要です。

下のチャートは、ユーロ円の1時間足の、約3か月間のチャートです。この期間の最大のBBW値は約0.016、最小のBBW値は0.002近辺であることがわかります。

スクイーズの特定、エクスパンションへの準備

下のチャートは、上記のユーロ円1時間足チャートを拡大したものです。
スクイーズとよばれるバンドの収縮の期間の後に、エクスパンションと呼ばれるバンドの拡大が発生しています。

Bollinger Band Widthの値は、過去のデータから認識できるバンド幅(=ボラティリティ)の最小値の水準である0.002近辺に徐々に近づいており、エクスパンションが近づいていることを予測できます。

もちろんダマシがありえますが、Bollinger Band Widthは、スクイーズを特定して、エクスパンション初動でのトレードのために有効なツールになりそうですね。

TradingView内蔵の「Bollinger Band Widthインジケータ」

TradingViewでは、あらかじめ内蔵(ビルトイン)されているインジケータの中に、「Bollinger Band Widthインジケータ」が含まれています。

 

次回は、Bollinger Band Widthを応用した自作インジケータを使って、分析をすすめたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました