スポンサーリンク

G10通貨の強弱分析(2020年年初来・2020年9月単月)

はじめに

本日より10月になりましたので、G10通貨の強弱の月次分析をしたいと思います。
このシリーズ記事では、主要通貨のグループである「G10通貨」について、年初来と前月単月について、通貨強弱を毎月月初に相対比較しています。

 

「G10通貨」は、いわゆる「G10」(10ヶ国財務大臣・中央銀行総裁会議)とは構成が違います。G10通貨は、ドル、ユーロ、円、ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、スイスフラン、ノルウェークローネ、スウェーデンクローネの主要10通貨で構成されています。

2020年年初来のG10通貨の強弱関係

(クリックで拡大できます。)

2020年の年初来でみた通貨の強弱は、強い順に

  • スイスフラン(茶)
  • ユーロ(赤)
  • スウェーデンクローネ(黒)
  • 日本円(水色)
  • 豪ドル(青)
  • 米ドル(相対比較の対象なので、表示無しです。)
  • NZドル(ピンク)
  • ポンド(緑)
  • カナダドル(紫)
  • ノルウェークローネ(グレー)

の順になっています。オレンジ色の太い線は米国株(S&P500)です。

9月は、月初からの米国株の下落と共に、ほとんどの通貨は対ドルで下落し、パンデミック急落以降の上昇基調が変調して調整局面が続いたことがわかります。

先月から顕著に順位を上げたのはNZドルとポンド、順位を下げたのはスウェーデンクローネ、ノルウェークローネ、豪ドルです。

通貨の脆弱性を分析する際に、通貨を「経常収支が黒字か赤字か」「非資源国か資源国か」「G10通貨かそれ以外か」の区分を使う方法があります。(この分類方法の詳しくは、三菱UFJ銀行の為替相場レポートをご覧ください。https://www.bk.mufg.jp/rept_mkt/gaitame/index.html

今回の対象はG10通貨だけなので、分類の軸は「経常収支が黒字か赤字か」「非資源国か資源国か」の2つです。2x2で以下の4グループに分けられます。グループ1がリスクに対して最も強靭な通貨で、グループ4が最も脆弱な通貨です。(ただし、G10通貨の全ての通貨は、他の途上国・中進国の通貨よりも強靭な通貨です。)

グループ 経常収支 特性 対象通貨
1 黒字 非資源国 JPY, EUR, CHF, SEK
2 赤字 非資源国 USD, GBP
3 黒字 資源国 AUD, NOK
4 赤字 資源国 NZD, CAD

2020年の年初からの通貨の強弱は、おおむね、この4つのグループ通りの順番になっていることがわかります。

特にグループ1の経常黒字国・非資源国の通貨である「JPY, EUR, CHF, SEK」は、短期的に相場環境の変動があっても、経常赤字国通貨のドルより相対的に強い、ことは踏まえておくと良いと思います。

なお先月までは、豪ドルだけが、上記のグルーピングを逸脱して、パンデミックによる急落の後は突出してパフォーマンスが良い状況でした。9月は円を除いて全通貨が対ドルで下落するなか、豪ドルの下落は相対的に大きかったといえますが、年初来からのパフォーマンスとしては依然としてまだより良いといえます。

多くの主要通貨はコロナウイルス・パンデミックによる乱高下を経て、年初より対米ドルで高くなっていますが、NZドル、ポンド、カナダドル、ノルウェークローネは、年初より低い水準です。

2020年9月単月のG10通貨の強弱関係

(クリックで拡大できます。)

2020年9月の単月で見た場合の通貨強弱は、強い順に

  • 日本円(水色)
  • 米ドル(相対比較の対象なので、表示無しです。)
  • スイスフラン(茶)
  • ユーロ(赤)
  • カナダドル(紫)
  • NZドル(ピンク)
  • 豪ドル(青)
  • スウェーデンクローネ(黒)
  • ポンド(緑)
  • ノルウェークローネ(グレー)

日本円以外のすべての通貨は、対ドル・対前月比で下落しています。しかし月の終盤は、米国株の反転に伴い反転上昇の兆しも見えています。

9月の株下落基調の中でも、結局、円だけはドルより強かったという事実はとても重要だと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました