スポンサーリンク

一目均衡表の雲の水平な(平らな)部分は何か?

はじめに

一目均衡表の雲をみていると、ときどき、雲の端が水平(平ら)になっている状況をみかけます。
あの水平(平らな)部分は何を意味するのか、まとめておきたいと思います。

雲の計算式を再確認してみよう

一目均衡表の計算式をあらためて確認してみましょう。

  • 基準線: (過去26日間の最高値+同最安値)÷2
  • 転換線: (過去9日間の最高値+同最安値)÷2
  • 先行スパン1: 「(転換値+基準値)÷2」を(当日を含めた26日先すなわち)25日先にプロット
  • 先行スパン2: 「(過去52日間の最高値+同最安値)÷2」を(当日を含めた26日先すなわち)25日先にプロット
  • 遅行スパン: 当日の終値を26日前にプロット
  • 雲: 先行スパン1と先行スパン2の間の領域

雲は、先行スパン1と先行スパン2の間の領域です。
先行スパン1は、基準線と転換線の仲値を、(当日含め)26日先に表示
先行スパン2は、過去52日間の最高値と最安値の仲値を、(当日含め)26日先に表示

一目均衡表の雲の水平な(平らな)部分は、殆どの場合、先行スパン2が水平(平ら)になることで発生します。

先行スパン2とは

先行スパン2は、過去52日間の最高値と最安値の仲値を先にずらしたものです。

したがって、過去52日間の最高値と最安値が変わらない場合、(すなわちその最高値と最安値の間のレンジで推移している場合)に、先行スパン2が水平(平ら)になります。

以下、実際のケースで説明したいと思います。

例:先行スパン2の水平(平ら)部分が開始した時点

現在地点Aは、先行スパン2の水平部分がスタートした日です。過去52日の最高値が、この日を境に直近高値の値になったことがわかります。

例:先行スパン2の水平(平ら)部分が終了した時点

現在地点Bは、先行スパン2の水平部分が終了した日です。過去52日の最高値が、この日を境に下落していくことがわかります。

水平な先行スパン2は「レンジの仲値」であり、前後でも意識される

以下のチャート例をご覧ください。
水平の先行スパン2(チャートの中央部やや右側)は、チャートの左側から続くレンジの仲値を意味しているだけでなく、先行スパン2のラインが変わった後も、レンジの仲値として意識されていることがわかります(青い丸の部分に注目ください)。

実は、この記事の冒頭に掲載したチャートも同じです。再度以下に掲載します。水平部分が終わった後も、その水準がレジスタンスとして機能していることがわかります。

【一目均衡表の雲の、水平な(平らな)部分は何か?】

一目均衡表の雲の水平な(平らな)部分は、殆どのケースでは、先行スパン2が水平であることを意味します。

先行スパン2が水平であるということは、過去の一定期間レンジで推移して、先行スパン2はそのレンジの仲値であることを意味しています。

したがって水平な先行スパン2の水準は、(他の水平線と同様に)重要なサポートやレジスタンスとなる可能性がある、といえます。

一目均衡表は実に深いですね・・。

タイトルとURLをコピーしました