スポンサーリンク

一目均衡表とダイバージェンスの手法(3)薄い雲の上下で、通常ダイバージェンス連発

はじめに

このシリーズでは、人気のあるインジケータ「一目均衡表」と、オシレータ系のインジケータの「ダイバージェンス」を使った手法についてまとめています。

前回は、ショート専用の戻り売り(順張り)の手法を書きました。
今回は、一目均衡表の雲と、オシレータのダイバージェンスを使う逆張りの手法を紹介します。

手法2:薄い雲の上下で、通常ダイバージェンス連発

レンジ相場が膠着してくると、一目均衡表では雲が薄くなり、且つ先行スパン1と先行スパン2が短い周期で交差をすることで、雲が頻繁に途切れてきます。

下のチャートは、現在値が一目均衡表の薄い雲の上下に推移したところで、同時にオシレータに通常ダイバージェンス(ヒドゥンダイバージェンスではありません)が出現すれば、より優位性の高い逆張りの状況と判断します。

要は、「膠着したレンジ相場の逆張りを、一目均衡表とダイバージェンスで再現性を高くして狙う」ものです。

この手法の有利なところは;

  • リスクリワードが良い(ストップをタイトに置ける)
  • 短期間で連勝する可能性がある

点です。一方不利なところは;

  • 値幅はそんなに稼げない

という点ですね。

一目均衡表は、雲のみを表示していますが、他の基準線も表示してももちろんOKです。オシレータは、(私が最強インジケータと確信している)CCIを使っています。前回の順張りの手法は、他のオシレータでも同じような結果になると思いますが、今回の手法は、繊細で敏感な最強インジケータであるCCIが、最も適切であると思います。

レンジ相場の状況を確認するための他のインジケータも、適宜追加してみてください。

タイトルとURLをコピーしました