スポンサーリンク

おすすめの海外VPS「TradingFXVPS」

はじめに

MT4(またはMT5)の自動売買を行うEA(エキスパート・アドバイザー)を稼働するためには、MT4等を常時動かす必要があります。通常のPCを24時間動かすのは非現実的ですし、自宅でサーバーを立てることも殆どの方には非現実的です。
したがってEA運用の最適な選択は、「VPS(Virtual Private Server)」を利用することになります。VPSとは、仮想プライベートサーバーの略で、インターネット上に自分のFX自動売買用のサーバーをレンタルすることです。

日本国内のFX用VPS業者では、「お名前.com」「ABLENET」「使えるネット」「GMOクラウド」などがあります。

レイテンシーとは

VPS業者を選ぶうえで最も重要な要素は、「レイテンシー」です。レイテンシーとは、MT4(またはMT5)から、FX業者のサーバーに対して発注を出してから、約定してMT4等に約定の返答が返ってくるまでの時間です。

たとえば、FX業者のサーバーがニューヨークにあって、日本の自宅PCのMT4から発注する場合、「日本→ニューヨーク→日本」とたいへん長い距離をデータが流れることになり、レイテンシーが数百ミリ秒(millisecond:秒の1000分の1)ととても時間がかかり、スキャルピングなどではたいへん不利になります。

もし、ニューヨークのデータセンターにあるVPS業者のサーバーにMT4を設置して、同じくニューヨークのFX業者のサーバーに発注する場合、ニューヨークのデータセンターの高速回線の中だけで発注と返答が完結するので、数ミリ秒~数十ミリ秒と高速なレイテンシーが実現して、有利なトレードが可能になります。

FX業者のサーバーの場所は、ニューヨーク、ロンドン、アムステルダム、フランクフルトなど、業者ごとに異なります。したがって、自分の契約しているFX業者のサーバーの場所と、VPS業者のサーバーの場所が近いことが重要です。

おすすめの海外VPS「TradingFXVPS」

私は、以前は日系のVPS業者で市販のEAを運用していたのですが、自作EAも運用するようになってからは、レイテンシーとコストパフォーマンスがより良い海外のVPS業者を利用しています。私のおすすめは、「TradingFXVPS」というVPS業者です。3年ほど使っていますが、特に問題が生じたことは無く、快適に使っています。

TradingFXVPSとは

TradingFXVPSのWebサイトはこちらです>>

 

FOREX ARMYによるTradingFXVPSの評価

FX関連の著名なレビューサイト「FOREX ARMY」によるTradingFXVPSの評価は、以下の通りです。特に問題ない状況です。

TradingFXVPS.com Review

Trading FX VPS | VPS (Virtual Private Server) Reviews | Forex Peace Army
Is TradingFXVPS a Good VPS Company? Read Real Reviews, By Traders, For Traders? Add Your Rating to the Largest Forex Review Database by Forex Peace Army? >>

TradingFXVPSのプラン表

TradingFXVPSのプランの内容は、以下の通りです。

私が利用しているのは、月払いで1カ月45ドル(2コア、4GBRAM、40GBSSD、Windows2012R2)の「ADVANCED VPS」プランです。年払いにするとさらに安くなります。初期設定料金のような追加料金はありません。支払いはPaypal経由のクレジットカードで可能です。
サーバーの場所は、ニューヨーク(Equinix NY4)、ロンドン(Equinix LD4)、アムステルダム(Equinix AMS1)、フランクフルト(Equinix FR)から選択できます。

メモリが4GBで、サーバーの場所を主要なデータセンターから選択できて、月額45ドル(初期料金無し」は、高速のレイテンシーとコストパフォーマンスのバランスがとても良いと思います。

たとえば、MT4アプリを合計5~10個程度の運用ですと、4GBのメモリが適切です(2GBのメモリでは少し厳しいです。)

CPUのコア数やSSDの容量よりも、より重要なのはメモリの容量とサーバーの場所です。

 

TradingFXVPSのWebサイトはこちらです>>

競合のVPS業者との比較

下記は、TradingViewのプランと、競合のVPS業者のプランの比較表です。
(お名前.comやABLENETに対しても、総合的に優位であると思います。)

FX業者ごとのレイテンシーの検索

FX業者を検索して、レイテンシーの状況をみることができます。主要なFX業者は網羅していますので、自分が使っているFX業者を検索して、どの場所のサーバーがどのくらいのレイテンシーかを確認してみてください。(レイテンシーは変動しますが、明らかに高速な場所のサーバーを選ぶことができます。)

下記はXMのサーバーの例です。ロンドンのサーバーが最も有利であることがわかります。

TradingFXVPSのWebサイトはこちらです>>

 

タイトルとURLをコピーしました