DMM FX

本日の注目ダイバージェンス(RSI・CCI)とGMMAと環境認識 2020-10-02

本日注目のダイバージェンス

おはようございます。本日は金曜日、米国の雇用統計があります。

昨日は東証が終日止まっていましたね。夕方の記者会見の応答がとても秀逸で、トラブルにもかかわらず高い評価を得ています。

さて昨日の為替市場は、米国株と同様に、難航している米景気対策の協議の行方の様子見姿勢が強く、ドル売り・円売りが中心となりました(下の通貨強弱をご参照ください)。ユーロドルは一時1.1768まで上昇、1.1745近辺で終えています。ドル円は、105.40 – 70の狭いレンジの展開でした。

一方、ポンドドルはEU通商交渉のヘッドラインで乱高下し、欧州市場では一時1.282まで下落後、米国市場序盤には1.2978まで急伸、その後反落して1.289近辺で終えています。ポンドは相変わらず手出し無用、という感じがします。

本日は雇用統計ですので基本的に様子見だと思います。ただし、来週にむけて、弱気通常ダイバージェンスになりそうな候補が多数あります。(例:豪ドル円ほかのクロス円、豪ドル米ドルなど。なお豪州は、来週の火曜日にRBAの政策金利発表があります。)

EURUSD H1
(クリックで拡大できます。)

AUDJPY H1
(クリックで拡大できます。)

AUDJPY M5
(クリックで拡大できます。)

(追加)トランプ大統領が感染、の報道で豪ドル円などが下落しています。ドルも売られており、円全面高になっています。

本日の環境認識

昨日の通貨強弱

currency-strength.com

昨夜の米国市場

Dow30: 27,816(+35, +0.13%)
S&P500: 3,380(+0.53%)
Nasdaq: 11,326(+1.42%)
10-Yr bond: 0.682 Down
WTI Oil: 38.48 Down
Gold: 1,909 Up

本日のアジア市場

Nikkei: 23,308~ (+123)
CME Dow future: 27,708~( -108 Dow)

本日の注目経済指標

日本時間 10:30 (豪) 小売売上高
日本時間 21:30 (米) 雇用統計

6 (火) (豪) RBA政策金利

解説

  • 米国株は3指数とも小幅続伸、取引開始後に幅広い銘柄が買い優勢でダウは一時259ドル高、その後は難航している景気対策の協議の行方の様子見となり、伸び悩んで引けました。
  • 為替市場も、米景気対策の協議の行方の様子見姿勢が強く、ドル売り・円売りが中心となり、ユーロドルは一時1.1768まで上昇、1.1745近辺で終えています。ドル円は、105.40 – 70の狭いレンジの展開、ポンドドルはEU通商交渉のヘッドラインで乱高下し、欧州市場では一時1.282まで下落後、米国市場序盤には1.12978まで急伸、その後反落して1.289近辺で終えています。
トレード日誌
スポンサーリンク

Masazoをフォローする
海外のFX会社おすすめ・ベスト3
XM

運営歴10年、口座数3.5百万、196か国対応、Tier1ライセンス所有
最大レバレッジ888倍、最小入金5ドル、追証なし、口座開設ボーナス3,000円、入金ボーナスも多彩
多彩な教育・リサーチコンテンツ
ボーナスで有名な大手ブローカーですが、最大の強みは約定力、信頼度もトップクラスです。

>> XMのウェブサイトはこちら

HotForex

2010年から運営、Tier1ライセンス所有のグローバル大手ブローカーが日本人向けサービスを拡大中
口座数2百万、27か国言語、業界表彰歴35件
最小入金5ドル、レバレッジ1000倍、追証なし
多彩なボーナス、多彩なコンテスト
FXだけなく、仮想通貨、米国株・アジア株・欧州株、ETF、各国の株式指数、VIX指数、原油、商品などの投資もあわせて研究したければ、HotForexがイチオシの品ぞろえです。

>> HotForexのウェブサイトはこちら

Exness

運営歴12年、HotForex・XMに劣らないグローバル大手、Tier1ライセンス・ブローカーが日本向けサービスにも注力展開中。
最小入金1ドルで、レバレッジは無限大(条件あり)、追証なし、通貨ペアの数は、驚異の107ペア!
月次の口座数、取引高、デロイトの監査もすべて開示。レアルマドリッドのスポンサー
老舗巨大ブローカー、ユニークさは抜群です。

>> Exnessのウェブサイトはこちら

FOREX Caffe
タイトルとURLをコピーしました