スポンサーリンク

2020-10-21 ユーロドル、1.18ドル台を回復

本日の環境認識

おはようございます。

昨日の米国株は3指数とも終盤に上げ幅を縮小したものの反発で引けています。為替市場は、米国市場でリスクオンのドル売り優勢となり、ユーロドルは1.184まで上昇、1.182台で米国市場を終えています。ポンドドルは1.292~1.298のレンジ内の展開となりました。

ユーロドルは20日線を上放れる動きで、チャート形状がよくなってきましたね。一方で欧州の感染再拡大・景気後退が気になるところです。金曜日にPMIが公表されます。

EURUSD H1(クリックで拡大できます。)

GBPUSD H1(クリックで拡大できます。)

昨日の通貨強弱

currency-strength.com

昨夜の米国市場

DJIA: 28,308.79 (+113.37, +0.4%)
NASDAQ: 11,516.49 (+37.51, +0.33%)
S&P 500: 3,443.12 (+16.2, +0.47%)
GOLD: 1,917.8 (+2.4)
OIL: 41.46 (UNCH)
US 10-YR: 0.804 (+0.007)
VIX: 29.35 (+0.17)

本日のアジア市場

Nikkei: 23,643~ (+76)
CME Dow future: 28,282~( -26 Dow)

本日の注目経済指標

日本時間 15:00 (英) CPI, PPI

市況

  • 昨日の米国株は3指数とも反発しました。終盤に上げ幅を縮小したものの、追加経済対策への期待感から買いが優勢となり指ました。
  • 為替市場は、米国市場でリスクオンのドル売り優勢となり、ユーロドルは1.184まで上昇、1.182台で終えています。ポンドドルは1.292~1.298のレンジ内の展開となりました。
タイトルとURLをコピーしました