スポンサーリンク

2020-10-30 ECB、12月の追加緩和示唆

本日の環境認識

おはようございます。

昨日の米国株は反発、ダウ平均は4日ぶりの反発となりました。欧米での感染拡大、米大統領選への不透明感により、序盤は下げて始まり、ダウ平均も一時200ドル超下落しましたがIT・ハイテク中心に押し目買いが入り、下げを取り戻しました。

為替市場は、欧州市場から終盤からニューヨーク市場中盤にかけてリスク回避のドル買い優勢の展開となりました。ドル円は欧州市場終盤に104円割れをトライしましたが、ニューヨーク市場ではドル買いが勝り、一時104.7台まで上昇しました。

ユーロは終日売り優勢の展開でしたね(下記通貨強弱ご参照)、ニューヨーク市場では1.165まで下落、ほぼ安値で終えています。ECBでは政策は事前予想通り据え置きでしたが、声明で12月の追加緩和の可能性を示唆しました。ラガルド総裁は会見において「ECBが12月に行動することにほぼ疑いない」と明確に示したことで、ユーロ売りに繋がりました。

ドル円が104円割れずに踏みとどまりましたね。欧州中盤までは円買いの方がドル買いを勝っていましたが、米国市場では、ドル全面高の展開でした。ユーロが終日弱かったですね。長期的なドル安の受け皿が、ユーロが脱落して円になりそうな気配です。

EURUSD H1(クリックで拡大できます。)

USDJPY H1(クリックで拡大できます。)

昨日の通貨強弱

currency-strength.com

昨夜の米国市場

DJIA: 26,659.11 (+139.16, +0.52%)
NASDAQ: 11,185.59 (+180.73, +1.64%)
S&P 500: 3,310.11 (+39.08, +1.19%)
GOLD: 1,865.9 (-2.1)
OIL: 36.26 (+0.09)
US 10-YR: 0.821 (-0.015)
VIX: 37.59 (-2.69)

本日のアジア市場

Nikkei: 23,195~ (-136)
CME Dow future: 26,377~(-282 Dow)

本日の注目経済指標

日本時間 18:00 (独) 第3四半期GDP【速報値】
日本時間 19:00 (欧) 消費者物価指数【速報値】&【コア】
日本時間 19:00 (欧) 第3四半期GDP【速報値】
日本時間 23:00 (米) ミシガン大消費者信頼感指数

市況

  • 昨日の米国株は反発、ダウ平均は4日ぶりの反発とならました。欧米での感染拡大、来週の米大統領選への不透明感により、序盤は下げて始まり、ダウ平均も一時200ドル超下落しましたが押し目買いがIT・ハイテク中心に入り、下げを取り戻しました。
  • 為替市場は、欧州市場から終盤からニューヨーク市場中盤にかけてリスク回避のドル買い優勢の展開となりました。ドル円は欧州市場終盤に104円割れをトライしましたが、ニューヨーク市場ではドル買いが勝り一時104.7台まで上昇しました。ユーロは終日売り優勢の展開、ニューヨーク市場では1.165まで下落、1.167台で終えています。
  • ECBでは政策は事前予想通り据え置きでしたが、声明で12月の追加緩和の可能性を示唆しました。ラガルド総裁は会見において「ECBが12月に行動することにほぼ疑いない」と明確に示したことで、ユーロ売りに繋がりました。
タイトルとURLをコピーしました