スポンサーリンク

2020-11-02 ユーロドル、5日続落

本日の環境認識

おはようございます。

今週からニューヨーク市場も冬時間です。先週に冬時間になったロンドン市場とのズレがなくなるので、EAの再設定をしました(参考記事はこちらです)。ただしEAの再稼働は、大統領選の後にしたいと思います。

さて先週金曜日の米国株は反落、IT・ハイテク株中心に売りが強まり、ダウ平均は一時500ドル超下落しました。感染第3波が拡大、来週の米大統領選への不透明感、月末ということもあり、ポジション調整やリスクヘッジが活発になりましたが、引けにかけて買い戻されています。

為替市場では、ユーロドルが5日続落。月末のユーロ買いのフローにより、ロンドンフィキシングで一時1.17まで上昇した後、1.1647で終えています。前日のECBでは事前予想通り政策据え置きだったものの、12月の追加緩和の可能性が明確に示されたことで、ユーロ売りに繋がっています。欧州の感染再拡大・行動制限が嫌気されています。ドル円は小幅続伸、104.66で終えています。月末のロンドンフィキシングでは一時104.74まで値を上げました。

ドル円が、先週は結局104円割れずに踏みとどまりましたね。一方、ユーロはECBをまたいで一貫して弱かったですね。長期的なドル安の受け皿として、ユーロが脱落して円になりそうな気配です。

EURUSD H1(クリックで拡大できます。)

USDJPY H1(クリックで拡大できます。)

昨日(先週金曜)の通貨強弱

currency-strength.com

昨夜(先週金曜)の米国市場

DJIA: 26,501.6 (-157.51, -0.59%)
NASDAQ: 10,911.59 (-274, -2.45%)
S&P 500: 3,269.96 (-40.15, -1.21%)
GOLD: 1,878.8 (+10.8)
OIL: 35.72 (-0.45)
US 10-YR: 0.874 (+0.038)
VIX: 38.02 (+0.43)

本日のアジア市場

Nikkei: 23,294~ (+317)
CME Dow future: 26,425~(-76 Dow)

本日の注目経済指標

日本時間 10:45 (中) 財新製造業PMI
日本時間 24:00 (米) ISM製造業景況指数

市況

  • 先週金曜日の米国株は反落、IT・ハイテク株中心に売りが強まり、ダウ平均は一時500ドル超下落しました。感染第3波が拡大、来週の米大統領選への不透明感、月末ということもあり、ポジション調整やリスクヘッジが活発になりましたが、引けにかけて買い戻しもみられました。
  • 為替市場では、ユーロドルが、5日続落。月末のユーロ買いのフローにより、ロンドンフィキシングで一時1.17まで上昇した後、1.1647で終えています。前日のECBでは政策は事前予想通り据え置きだったものの、12月の追加緩和の可能性を明確に示したことで、ユーロ売りに繋がっています。
  • ドル円は小幅続伸、104.66で終えています。月末のロンドンフィキシングで一時104.74まで値を上げました。
タイトルとURLをコピーしました