スポンサーリンク

2020-11-05 「トリプル・ブルーで金利上昇」のシナリオが崩れたことを好感

本日の環境認識

おはようございます。

昨日の米国株はほぼ全面高、ダウ平均の上げ幅は一時800ドル超まで上昇しました。米大統領選は想定以上の大接戦で情勢はまだ決まっておらず、法廷闘争で長期化する可能性がありますが、下院は民主党・上院は共和党の「ねじれ議会」となる見込みで、「トリプル・ブルーによる財政悪化・金利上昇」のシナリオが崩れたことが好感されました。

為替市場は東京市場ではドル買い優勢でしたが、ロンドン市場、ニューヨーク市場にかけてドル売りが優勢となりました。ユーロドルは、東京市場で一時1.16近辺まで下落しましたが、ロンドン市場、ニューヨーク市場にかけて買い戻され、1.172台で終えています。もし、バイデン候補が次期大統領になった場合、ユーロドルは節目の1.20を超える可能性も指摘されています。本日はMPC(英中銀金融政策委員会)が開催されます。感染第二波拡大・ロックダウンが開始される中、資産購入枠の目標額を拡大することが予想されています。

ウイスコンシン州・ミシガン州・ペンシルバニア州は、前回の選挙以前は民主党の地盤でしたが民主党が当時TPPを推進したことが反対されて、前回の選挙では「トランプを大統領にした州」と呼ばれました。今回はどうなるでしょう。

EURUSD H1(クリックで拡大できます。)

昨日の通貨強弱

currency-strength.com

昨夜の米国市場

DJIA: 27,847.66 (+367.63, +1.34%)
NASDAQ: 11,590.78 (+430.21, +3.85%)
S&P 500: 3,443.44 (+74.28, +2.2%)
GOLD: 1,907.9 (+11.7 +0.617)
OIL: 38.66 (-0.49)
US 10-YR: 0.74 (-0.028)
VIX: 29.57 (-5.98)

本日のアジア市場

Nikkei: 23,968~ (+263)
CME Dow future: 27,796~(-51 Dow)

本日の注目経済指標

米国大統領選挙開票
日本時間 09:30 (豪) 貿易収支
日本時間 16:00 (英) BOE政策金利・声明発表
日本時間 16:00 (英) BOE四半期インフレ報告
日本時間 16:30 (英) ベイリーBOE総裁発言
日本時間 22:30 (米) 新規失業保険申請件数
日本時間 28:00 (米) FOMC政策金利&声明発表
日本時間 28:30 (米) パウエルFRB議長会見

市況

  • 昨日の米国株はほぼ全面高、ダウ平均の上げ幅は一時800ドル超まで上昇しました。米大統領選は想定以上の大接戦で情勢はまだ決まっておらず、法廷闘争で長期化する可能性がありますが、下院は民主党・上院は共和党の「ねじれ議会」となる見込みで、「トリプル・ブルーによる財政悪化・金利上昇」のシナリオが後退したことが好感されました。
  • 為替市場は東京市場ではドル買い優勢でしたが、ロンドン市場、ニューヨーク市場にかけてドル売りが優勢となりました。ユーロドルは、東京市場で一時1.16近辺まで下落しましたが、ロンドン市場、ニューヨーク市場にかけて買い戻され、1.172台で終えています。もし、バイデン候補が次期大統領になった場合、ユーロドルは節目の1.20を超える可能性も指摘されています。
  • 本日はMPC(英中銀金融政策委員会)が開催されます。感染第二波拡大・ロックダウンが開始される中、資産購入枠の目標額を拡大することが予想されています。
タイトルとURLをコピーしました