スポンサーリンク

2020-12-03 ユーロドル1.21台

本日の環境認識

おはようございます。

昨日の米国株は、序盤は売り優勢、終盤にかけて買い戻しが優勢となり、ダウ平均は+0.2%、S&P500は+0.18%、ナスダック総合は-0.05%引けました。難航している追加経済対策の与野党協議について米民主党指導部が、超党派案を支持していると伝わったことが好感されました。序盤は売りが先行し、ダウ平均は200ドル超下落、朝方発表になったADP雇用統計が弱く感染拡大が米労働市場を圧迫していることが示されました。明日は米雇用統計を控えています。IT・ハイテク株はまちまちの展開でほぼ横ばいでした。

為替市場は、引き続きドル売り優勢の展開で、ユーロドルは1.21台で終えています。

EURUSD H1(クリックで拡大できます。)

昨日の通貨強弱

currency-strength.com

昨夜の米国市場

DJIA: 29,883.79 (+59.87, +0.2%)
NASDAQ: 12,349.37 (-5.74, -0.05%)
S&P 500: 3,669.01 (+6.56, +0.18%)
GOLD: 1,831.6 (+1.4
OIL: 45.07 (-0.21
US 10-YR: 0.939 (-0.007)
VIX: 21.17 (+0.4)

本日のアジア市場

Nikkei: 26,796 (-4)
CME Dow future: 29,855~(-28 Dow)

本日の注目経済指標

22: 30 (米) 新規失業保険申請件数
24: 00 (米) ISM非製造業景況指数

タイトルとURLをコピーしました