スポンサーリンク

2020-12-10 欧州通貨売り・ドル買い優勢

本日の環境認識

おはようございます。

昨日の米国株は、IT・ハイテク株を中心に利益確定の売りの展開でした。ダウ平均は-0.35%だったものの、S&P500は-0.79%、特にナスダックの下げが大きく、ナスダック総合は-1.94%でした。ワクチンへの期待から来年の景気回復への期待感を高まっているものの、米経済対策の与野党協議は依然として難航しており、また米国での足元の感染拡大も収束の気配がありません。

為替市場では、米株の下落によるドル買い戻し、および英国のEU離脱を巡ってEU首脳が今週承認することはないと伝わり、欧州通貨売り・ドル買い優勢の展開となりました。

EURUSD H1(クリックで拡大できます。)

昨日の通貨強弱

currency-strength.com

昨夜の米国市場

DJIA: 30,068.81 (-105.07, -0.35%)
S&P 500: 3,672.82 (-29.43, -0.79%)
NASDAQ Composite: 12,338.95 (-243.82, -1.94%)
NASDAQ 100: 12,364.64(-271.08, -2.15%)
GOLD: 1,840.8 (+2.3)
OIL: 45.65 (+0.13)
US 10-YR: 0.925 (-0.016)
VIX: 22.27 (+1.59)

本日のアジア市場

Nikkei: 26,713 (-104)
CME Dow future: 30,100~(+31 Dow)

本日の注目経済指標

21:45:(欧) ECB政策金利&声明発表
22:30:(欧) ラガルドECB総裁会見
22:30:(米) 新規失業保険申請件数

タイトルとURLをコピーしました