スポンサーリンク

2020-12-31 薄商いの中、ドル安続く

本日の環境認識

おはようございます。

昨日の米国株市場は年末の薄商いの中、主要指数はすべて反発の展開でした。ダウ平均は+0.24%、S&P500は+0.13%、ナスダック総合は+0.15%で引けています。

米追加経済対策は無事成立、あとは600ドルの個人給付が2000ドルまで引き上げられるかどうかですが、共和党指導部は消極的で情勢は不透明です。ただし600ドルは支払いが開始されています。

為替市場では、今回の個人給付も含めてインフレ予想がある一方、FRBの低金利政策が続く限り実質金利はより低下、長期的なドル安期待が根強いとされています。

ユーロドル、ポンドドルは、薄商いの中、ニューヨーク時間にそれぞれは1.23、1.362まで上昇しました。

なお、長期金利は0.926%と横ばい、VIX指数は22台に下落。ビットコインは、29,000近辺で推移しています。

EURUSD H1(クリックで拡大できます。)

昨日の通貨強弱



currency-strength.com

昨夜の米国市場

DJIL: 30,409.56 (+73.89, +0.24%)
S&P500: 3,732.04 (+5.00, +0.13%)
Nasdaq Composite: 12,870.00 (+19.78, +0.15%)
Nasdaq 100: 12,845.36 (+1.87, +0.01%)
Russel 2000: 1,979.99 (+20.63, +1.05%)
Gold Future: 1,898.80 (+5.40)
Oil Future: 48.33 (-0.07)
US10Y: 0.926% (UNCH)
VIX: 22.77 (-0.31 -1.34%
BTC/USD: 28,838

本日のアジア市場

Nikkei: -
CME Dow future: 30,337~(-52 Dow)

本日の注目経済指標

重要な指標発表はありません。

タイトルとURLをコピーしました