テクニカル

テクニカル

ダイバージェンス解説(4)ダイバージェンスの発生でエントリーしたときの損切りの方法

ダイバージェンスの発生で優位性の高いエントリーと判断しても、やはりダマシに合って逆行するときはあります。読みが違った場合は、潔く認めて損切りします。損切りのラインは、前回高値・前回安値を超えたところです。損切りラインをこえれば、ダイバージェンス自体が否定され、すなわち自分の描いたシナリオが否定され、もとのトレンドに戻った可能性が高いと考えます。よって、それ以上ポジションは保有する意味はありません。建値決済や分割決済も有効です。
テクニカル

ダイバージェンス解説(3)ダイバージェンスに気付くのが遅れるのは何故でしょうか?

ダイバージェンスの発生に気付くのが遅れるのは、ダイバージェンスを予測して待っていないからだと思います。1時間足の場合は、「あと何時間くらい後に、ダイバージェンスが発生するかも」という感じで待つと良いと思います。1時間足が最も待ちやすいと思います。他のことをしながら待てますし、本業をしながらでも待てます。待つシナリオは複数あるほうが良いです。たとえば、通常ダイバージェンスが発生してトレンド転換するシナリオ、通常ダイバージェンスが発生してその後すぐにヒドゥン・ダイバージェンスが発生してトレンド継続するシナリオなどです。
テクニカル

ダイバージェンス解説(2)ダイバージェンスのダマシを回避する方法

ダイバージェンスのダマシを回避するためには、ダイバージェンスの発生だけを材料にエントリーせずに他の要素も勘案して、優位性の高いエントリータイミングであると判断したときのみ、エントリーします。たとえば、トレンドが強くて順張りの方が良いか、トレンドレスで逆張りの方が良いか、時間帯はどうか(今はアジア時間か、欧州の序盤か、など)、通貨強弱の状況はどうか、移動平均線との位置関係はどうか、他のオシレータの状況はどうかなど、自分の手法の複数要素を総合的に勘案します。
テクニカル

ダイバージェンス解説(1)通常のダイバージェンスとヒドゥン・ダイバージェンスの違い

ダイバージェンスは、価格の動きとオシレータ系指標の動きが逆行する現象で、そのうちヒドゥン・ダイバージェンス(リバーサル)はトレンド継続中の押し目買いや戻り売り、通常のダイバージェンスはトレンド反転を示唆しています。最も重要な点として、順張り的か逆張り的かの違いがあるので、環境認識によって両者を使い分けることが重要です。
テクニカル

Woodies CCI解説(6)FFE手法、TLB手法・HTLB手法(カウンタートレンド)

Woodies CCIのカウンタートレンド手法の一つである「FFE手法」は、CCIが±200レベルを超えた後に反転したタイミングでエントリーします。「TLBカウンタートレンド手法」と「HTLBカウンタートレンド手法」は、トレンドラインブレイクを狙う点ではTLB・HTLBと同じですが、トレンドと逆方向にエントリーします。
テクニカル

Woodies CCI解説(5)Famir手法、ベガス手法、ゴースト手法

Woodies CCIのカウンタートレンド手法の一つであるFamir手法(ファミア)は、ZLR手法が失敗した場合、トレンドが元に戻らずにそのままトレンド転換した場合に使います。ベガス手法とゴースト手法は、トレンドが終盤から反転していく時の小さなプルバック(押しや戻り)を狙う手法です。
テクニカル

Woodies CCI解説(4)TLB手法、HTLB手法、手仕舞い

Woodies CCIのトレンドフォロー手法の一つである「TLB(トレンドライン・ブレイク)手法は、チャートにトレンドラインや水平線を引くのと同様に、CCIのラインにトレンドラインを引きます。一方、HTLB(ホリズンタル・トレンドライン・ブレイク、水平線ブレイク)手法は、CCIのラインに水平線を引きます。
テクニカル

Woodies CCI解説(3)RD手法(リバース・ダイバージェンス)

Woodies CCIのトレンドフォロー手法の一つである「RD手法」は、ヒドゥン・ダイバージェンス(リバーサル)が出現したらCCIにトレンドラインを引き、そのラインとCCIラインのクロスでエントリーする手法です。Woodies CCIの中で最も強力で優位性の高い手法と考えます。ZLR手法やTLB手法との併用で使えます。
テクニカル

Woodies CCI解説(2)ZLR手法(ゼロライン・リジェクト)

Woodies CCIのトレンドフォロー手法の一つである「ZLR手法(Zero Line Reject、セロラインリジェクト)」は、CCIラインがトレンドとは逆のゼロライン方向にいったん戻り、あるいはそのままゼロラインをクロスした後、元のトレンド方向に戻るタイミングを狙う手法です。
テクニカル

Woodies CCI解説(1)概要

「Woodiles CCI」は、期間の異なる2本のCCIをベースにしたユニークなトレード手法で、Ken Wood氏によって考案されました。海外で大流行した有名な手法で、いろいろな派生のシステムがあります。本稿では、Woodies CCIを構成するパーツの内容と、トレンドの判定方法について説明します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました