FOREX TESTER
EA・自動売買コラムテクニカル

テクニカル指標の中で、EAで機能するものと機能しないもの(EA開発講座)

はじめに

EAの開発には、移動平均線をはじめとして、いろいろなテクニカル指標が使われますね。
今回の記事では、そうしたテクニカル指標の中で、EAの中で機能しやすいもの(勝てるEAになりやすいもの)と、機能しにくいもの(勝てるEAになりにくいもの)を挙げてみたいと思います。

今回の記事は、私の独断で、完全に個人的な感覚によるものです。
反対意見も多くあると思いますが、それも踏まえた上で、貴方のEA開発のお役に立てば幸いです。

勝手に選ぶ「EAで機能するテクニカル指標」

  • ATR
  • Zigzag
  • 水平線
  • CCI
  • HMA(ハル移動平均線)
  • 一目均衡表

ATRについては、別記事「ATRはどんなEAにも使える優れもの」もご覧いただければと思います。

HMAは、MT4/MT5には組込み関数がありません(TradingVewにはありますが)。
なお、異国の戦士さんがMTインジケータ用のHMAのサンプルコードを記事にされています。

勝手に選ぶ「EAで機能しないテクニカル指標」

  • SMA(単純移動平均線)
  • EMA(平滑移動平均線)
  • MACD
  • RSI
  • RCI
  • ボリンジャーバンド

(参考)感知が速いテクニカル指標と感知が遅いテクニカル指標

テクニカル指標には、感知が速い先行指標と、感知が遅い遅行指標があります。

感知が速いものは、ダマシがあるものの、ダマシ回避のフィルタリングロジックを追加することで使える可能性があります。

一方感知が遅いものは、もう手遅れで何をやっても使えない、というのが私の個人的な意見です。なおSMAやEMAは、エントリーロジックではなく、トレンド判定などの環境認識用のロジックには使えると思いますので、一切不要というわけではありません。

繰り返しますが、今回の記事は私の個人的意見です。EAの性質や相場環境によって、使えるテクニカル指標は異なります。
ご参考になれば幸いです。

目次に戻る

スポンサーリンク
海外のFX会社おすすめ・ベスト3
XM

運営歴10年、口座数3.5百万、196か国対応、Tier1ライセンス所有
最大レバレッジ888倍、最小入金5ドル、追証なし、口座開設ボーナス3,000円、入金ボーナスも多彩
多彩な教育・リサーチコンテンツ
ボーナスで有名な大手ブローカーですが、最大の強みは約定力、信頼度もトップクラスです。

>> XMのウェブサイトはこちら

HotForex

2010年から運営、Tier1ライセンス所有のグローバル大手ブローカーが日本人向けサービスを拡大中
口座数2百万、27か国言語、業界表彰歴35件
最小入金5ドル、レバレッジ1000倍、追証なし
多彩なボーナス、多彩なコンテスト
FXだけなく、仮想通貨、米国株・アジア株・欧州株、ETF、各国の株式指数、VIX指数、原油、商品などの投資もあわせて研究したければ、HotForexがイチオシの品ぞろえです。

>> HotForexのウェブサイトはこちら

Exness

運営歴12年、HotForex・XMに劣らないグローバル大手、Tier1ライセンス・ブローカーが日本向けサービスにも注力展開中。
最小入金1ドルで、レバレッジは無限大(条件あり)、追証なし、通貨ペアの数は、驚異の107ペア!
月次の口座数、取引高、デロイトの監査もすべて開示。レアルマドリッドのスポンサー
老舗巨大ブローカー、ユニークさは抜群です。

>> Exnessのウェブサイトはこちら

FOREX Caffe
タイトルとURLをコピーしました