DMM FX
G10通貨 ファンダメンタル

G10通貨の実効為替レートの分析(~2020年7月)

実効為替レートとは

為替レートには、相手通貨がある一般的な為替レートの他に、各通貨国の貿易相手国との貿易取引量で加重平均して算出する「実効為替レート(Effective Exchange Rate)」と呼ばれるものがあります。
実効為替レートは、各通貨国の対外競争力、各通貨の総合的な実力・価値を評価するための指標です。実効為替レートには、

  • インフレ(物価上昇)率を加味する前の「名目実効為替レート(Nominal effective exchange rate)
  • インフレ(物価上昇)率を加味した後の「実質実効為替レート(Real effective exchange rate)

の2つがあります。実質実効為替レートは、実際の物価変動まで勘案するため、通貨の実力をより正確に反映していると考えられています。したがって、この実質実効為替レートの方が一般的に注目されます。

実効為替レートのデータはどこで入手できる?

各国の実効為替レートのデータは、BIS(国際決済銀行:Bank for International Settlements)のWebサイトからダウンロードすることができます。

BISは、各国の中央銀行相互の決済を行い、通貨の価値と金融システムの安定を目的として各国中央銀行を支援する国際機関です。スイスのバーゼルに本部があります。

BISのWebサイトの中の、実効為替レートのページは、以下の通りです↓。

Effective exchange rate indices
https://www.bis.org/statistics/eer.htm


今回の分析では、上の赤矢印「Monthly data: Narrow indices」のエクセルをダウンロードします。

「Narrow indices」は主要国のみのデータで、「Broad Indices」は発展途上国を含めた幅広い国々に関するデータです。

主要通貨国の実効為替レート

上記BISのデータをもとに、主要通貨国の実効為替レートをまとめたものが以下のチャートです。
各通貨の実線が実質実効為替レート、点線が名目実効為替レートです。
(2010年の月次平均を100としています。最新のデータは、2020年7月です。

日本円は、アベノミクスの金融緩和政策がスタートした2013年から大きく下落しています。
ECBがマイナス金利を導入したのが2014年6月、量的金融緩和の開始が2015年1月です。
ポンドは、EU離脱の国民投票が実施された2016年6月の前後をはさんで大きく下落しています。
スイスフランショックが起きたのは、2015年1月15日です。

米ドルの実効為替レートは、コロナショックの後は下落基調ですが、依然として最強通貨です。

ポンドは、EU離脱の国民投票より以前は、かなり強い通貨であったことがわかりますね。

なお、英国のBank of England や、欧州のECBのように、独自に実効為替レートを算出しているケースもあります。

↓なお別の記事「G10通貨の強弱分析」と比較していただければと思います。

スポンサーリンク

海外のFX会社おすすめ・ベスト3
XM

運営歴10年、口座数3.5百万、196か国対応、Tier1ライセンス所有
最大レバレッジ888倍、最小入金5ドル、追証なし、口座開設ボーナス3,000円、入金ボーナスも多彩
多彩な教育・リサーチコンテンツ
ボーナスで有名な大手ブローカーですが、最大の強みは約定力、信頼度もトップクラスです。

>> XMのウェブサイトはこちら

HotForex

2010年から運営、Tier1ライセンス所有のグローバル大手ブローカーが日本人向けサービスを拡大中
口座数2百万、27か国言語、業界表彰歴35件
最小入金5ドル、レバレッジ1000倍、追証なし
多彩なボーナス、多彩なコンテスト
FXだけなく、仮想通貨、米国株・アジア株・欧州株、ETF、各国の株式指数、VIX指数、原油、商品などの投資もあわせて研究したければ、HotForexがイチオシの品ぞろえです。

>> HotForexのウェブサイトはこちら

Exness

運営歴12年、HotForex・XMに劣らないグローバル大手、Tier1ライセンス・ブローカーが日本向けサービスにも注力展開中。
最小入金1ドルで、レバレッジは無限大(条件あり)、追証なし、通貨ペアの数は、驚異の107ペア!
月次の口座数、取引高、デロイトの監査もすべて開示。レアルマドリッドのスポンサー
老舗巨大ブローカー、ユニークさは抜群です。

>> Exnessのウェブサイトはこちら

FOREX Caffe
タイトルとURLをコピーしました