Pine Script(Pineスクリプト)入門解説(12)平均足バー・マルチタイムフレーム(MTF)

はじめに

今回はPineScript入門ガイドの12回目です。次回からバックテストができる「ストラテジー」をご紹介する予定ですが、その前に、人気のある「平均足バー・マルチタイムフレーム(MTF)」インジケータのサンプルスクリプトをご紹介したいと思います。

平均足バーとは、平均足の陽線・陰線を、チャートとは別のバーで表示、かつルチタイムフレーム(MTF)とは、チャートの時間足とは異なる時間足の分まで表示するものです。

今回のサンプルの新しい関数は、「heikinashi関数」だけです。それ以外は、これまでの復習でつくることができます。

平均足バー・マルチタイムフレーム(MTF)インジケータのスクリプト

それでは、このインジケータのサンプル・スクリプトを一行づつ説明していきます。

まず、このインジケータを表示させた結果は、以下のチャートのようになります。チャートは5分足で、平均足バーは、上から5分足、1時間足、日足の3つの平均足の陽線・陰線を表示しています。平均足バーの対象時間足は、プルダウンで変更できます。

通常の平均足と違って、ローソク足が同時に見れること、また上位足の平均足の状況もみれるので、環境認識がとてもしやすいと思います。

このインジケータのスクリプトは、以下の通りです。
説明のために、(A)から(D)までの注釈を加えています。

//@version=4
study("Heikinashi-bar-MTF", overlay = false)

period1 = input("5", type=input.resolution) //-----(A)
period2 = input("60", type=input.resolution)
period3 = input("D", type=input.resolution)

ha_period1_close = security(heikinashi(syminfo.tickerid), period1, close) //-----(B)
ha_period1_open = security(heikinashi(syminfo.tickerid), period1, open)
ha_period2_close = security(heikinashi(syminfo.tickerid), period2, close)
ha_period2_open = security(heikinashi(syminfo.tickerid), period2, open)
ha_period3_close = security(heikinashi(syminfo.tickerid), period3, close)
ha_period3_open = security(heikinashi(syminfo.tickerid), period3, open)

dif_period1 = ha_period1_close - ha_period1_open >= 0
dif_period2 = ha_period2_close - ha_period2_open >= 0
dif_period3 = ha_period3_close - ha_period3_open >= 0

p1 = plot(3 ,color=color.black) //-----(C)
p2 = plot(2 ,color=color.black)
p3 = plot(1 ,color=color.black)
p4 = plot(0 ,color=color.black)

fill(p1 ,p2 ,color = dif_period1 ? color.green : color.red ,transp=0) //-----(D)
fill(p2 ,p3 ,color = dif_period2 ? color.green : color.red ,transp=0)
fill(p3 ,p4 ,color = dif_period3 ? color.green : color.red ,transp=0)

(A) period1 = input(“5”, type=input.resolution)

(B) ha_period1_close = security(heikinashi(syminfo.tickerid), period1, close)pivots(src, length, isHigh) =>

heikinashi関数は、security関数に渡すことができる平均足の対象の文字列を返す関数です。

(例)heikinashi_aapl_60_close = security(heikinashi(“AAPL”), “60”, close)
この例では、アップル株について、1時間足の平均足の終値を取得します。

リソース
スポンサーリンク

Masazoをフォローする
海外のFX会社おすすめ・ベスト3
XM

運営歴10年、口座数3.5百万、196か国対応、Tier1ライセンス所有
最大レバレッジ888倍、最小入金5ドル、追証なし、口座開設ボーナス3,000円、入金ボーナスも多彩
多彩な教育・リサーチコンテンツ
ボーナスで有名な大手ブローカーですが、最大の強みは約定力、信頼度もトップクラスです。

>> XMのウェブサイトはこちら

HotForex

2010年から運営、Tier1ライセンス所有のグローバル大手ブローカーが日本人向けサービスを拡大中
口座数2百万、27か国言語、業界表彰歴35件
最小入金5ドル、レバレッジ1000倍、追証なし
多彩なボーナス、多彩なコンテスト
FXだけなく、仮想通貨、米国株・アジア株・欧州株、ETF、各国の株式指数、VIX指数、原油、商品などの投資もあわせて研究したければ、HotForexがイチオシの品ぞろえです。

>> HotForexのウェブサイトはこちら

Exness

運営歴12年、HotForex・XMに劣らないグローバル大手、Tier1ライセンス・ブローカーが日本向けサービスにも注力展開中。
最小入金1ドルで、レバレッジは無限大(条件あり)、追証なし、通貨ペアの数は、驚異の107ペア!
月次の口座数、取引高、デロイトの監査もすべて開示。レアルマドリッドのスポンサー
老舗巨大ブローカー、ユニークさは抜群です。

>> Exnessのウェブサイトはこちら

FOREX Caffe
タイトルとURLをコピーしました