ボリンジャーバンド

スポンサーリンク
テクニカル

TDI(Traders Dynamic Index)の解説(6)TDIの使い方は貴方次第!

TDIを他のインジケータと自由にアレンジして、独自の手法を探求しましょう!という内容で、サンプル手法の紹介としてまとめたいと思います。TDIはとてもシンプルなので、他のインジケータとも、とても合わせやすいと思います。TDIが気に入った方はぜひ、貴方だけの鉄板手法を生み出してください!
テクニカル

TDI(Traders Dynamic Index)の解説(5)TDIの形状を観察してみよう・その2

TDI(Traders Dynamic Index)の解説シリーズとして、前回から、TDIの様々な形状をケーススタディーの形式でみています。今回はその2回目です。TDIは、RSIと単純移動平均とボリンジャーバンドの組み合わせにすぎないのですが、実に奥が深いと思います。基本シグナルだけでなく、いろいろな形状からトレードのヒントを得ることができます。
テクニカル

TDI(Traders Dynamic Index)の解説(4)TDIの形状を観察してみよう

TDI(Traders Dynamic Index)の解説シリーズとして、今回は、TDIの様々な形状をケーススタディーの形式でみていきたいと思います。TDIは、RSIと単純移動平均とボリンジャーバンドの組み合わせにすぎないのですが、実に奥が深いと思います。基本シグナルだけでなく、いろいろな形状からトレードのヒントを得ることができます。
テクニカル

TDI(Traders Dynamic Index)の解説(3)TMS(Trading Made Simple)

FX関連の有名な海外フォーラムサイト「FOREX FACTORY」において、10年の歳月をかけてスレッドが続いている人気のトレード手法「Trading Made Simple(TMS)」を紹介します。TMSの基本フォーマットは、平均足、単純移動平均線(期間5、シフト2)、TDI(ただし、RSIプライスラインとシグナルラインのみ表示)で構成されています。
テクニカル

TDI(Traders Dynamic Index)の解説(2)TDIの基本シグナル

TDIを最初に考案したDean Malone氏や、その後のFOREX FACTORYにおける「Trading Made Simple(TMS)」のスレッドにおいては、RSIプライスラインとシグナルラインのクロスや、シグナルラインとマーケットベースラインのクロス、ダイバージェンスなどをシグナルとして使う手法が考えられています。
テクニカル

TDI(Traders Dynamic Index)の解説(1)概要

TDI(Traders Dynamic Index)は、Dean Malone氏によって2005年頃に開発されたインジケーターです。TDIは以下の要素で構成されるインジケータです。(1)RSIプライスライン:期間13のRSIに対して期間2の単純移動平均線を適用、(2)RSIシグナルライン:期間13のRSIに対して期間7の単純移動平均線を適用、(3)マーケットベースライン:期間13のRSIに対して期間34の単純移動平均線を適用、(4)ボリンジャーバンド:期間13のRSIに対して期間34/標準偏差1.6185を適用
テクニカル

Bollinger Band Width(ボリンジャーバンド幅:BBW)解説(1)概要

Bollinger Band Width(ボリンジャーバンド幅、BBW)は、ボリンジャーバンドから派生したテクニカル指標で、(上限バンドの値-下限バンドの値)÷ ミドルバンドの値、で計算します。すなわち、バンドの上限と下限の幅と、ミドルバンドに対する割合を意味します。この指標によって、過去のデータから認識できるバンド幅の最小値の水準までスクイーズが進展すると、エクスパンションが近づいていることを予測できます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました