スポンサーリンク

TDI(Traders Dynamic Index)の解説(1)概要

はじめに

このシリーズでは、海外で人気のあるインジケータ「TDI(Traders Dynamic Index)」をまとめておきたいと思います。

TDIはシンプルですが奥が深くて、海外で人気があるのも頷けます。

TDI(Traders Dynamic Index)とは

TDI(Traders Dynamic Index)は、Dean Malone氏(compassfx.com)によって2006年頃に考案されたインジケーターです。その後TDIは、FX関連の有名な海外フォーラムサイト「FOREX FACTORY」において、「Trading Made Simple(TMS)」という手法の中で利用されました。

Trading Made Simple(FOREX FACTORY)
https://www.forexfactory.com/thread/291622-trading-made-simple

最初の投稿は、2011年8月19日です。現在(2020年11月3日時点)、このスレッドは「5522」ページまで生成されており、驚異的な長さのスレッドになっています。このスレッドの中ではオリジナルの手法と、いろいろな派生手法が議論されています。

TDIの構成要素

TDI(Traders Dynamic Index)は以下の要素で構成されるインジケータです。

RSIプライスライン:期間13のRSIに対して、期間2の単純移動平均線を適用(下図のグリーン色)
トレードシグナルライン:期間13のRSIに対して、期間7の単純移動平均線を適用(下図の赤色)
マーケットベースライン:期間13のRSIに対して、期間34の単純移動平均線を適用(下図の黄色)
ボラティリティバンド:期間13のRSIに対して、期間34/標準偏差1.6185を適用(下図の青色)

TDIは、RSIとSMA(単純移動平均)とボリンジャーバンドの組み合わせなので、PCやスマホのMT4で、各自で設定することが可能です。

以下ご参考に、TradingViewのPineスクリプトのサンプルを書いておきます。(TradingViewの公開ライブラリでも同様のものがアップされているようなので、それらを選択するだけでもOKです。)

//@version=4
study("TDI", overlay = false)

rsiperiod = input(13)
smoothedperiod1 = input(2)
smoothedperiod2 = input(7)
smoothedperiod3 = input(34)
deviationlevel = input(1.6185)

rsi1 = rsi(close,rsiperiod)
rsismoothed1 = sma(rsi1, smoothedperiod1)
rsismoothed2 = sma(rsi1, smoothedperiod2)
[middle1, upper1, lower1] = bb(rsi1, smoothedperiod3, deviationlevel)

plot(middle1, color=color.yellow, linewidth = 2)
plot(upper1, color=color.blue)
plot(lower1, color=color.blue)
plot(rsismoothed1, color=color.green,linewidth = 2)
plot(rsismoothed2, color=color.red,linewidth = 2)

hline(32, linestyle=hline.style_dashed)
hline(50, linestyle=hline.style_dashed)
hline(68, linestyle=hline.style_dashed)
タイトルとURLをコピーしました