TDI(Traders Dynamic Index)の解説(6)TDIの使い方は貴方次第!

はじめに

TDI(Traders Dynamic Index)の解説シリーズとして、前回までに、TDIの基本や有名なTMS(Trading Made Symple)の手法、そしてTDIの形状のケーススタディーなどをみてきました。

今回は、TDIを他のインジケータと自由にアレンジして、独自の手法を探求しましょう!という内容でまとめたいと思います。

TDIはとてもシンプルなので、他のインジケータとも、とても合わせやすいと思います。

TDIの使い方は貴方次第!

TDIを使ったオリジナル手法のサンプルを作ってみましたので、以下をご覧ください。

TDIオリジナル手法サンプルの構成要素

  • 240EMA
  • 5EMA
  • 5EMA(シフト2)
  • TDI

TDIと移動平均線だけです。想定は1時間足です。通貨ペアは問いません。

  • 240EMAは、その方向やチャートの位置関係から、「目線」を決めるために使用します。以下のようなケースでは、ショートだけを狙います。
  • 5EMAと5EMA(シフト2)は、TMSの平均足の代わりです。両EMAのゴールデンクロスやデッドクロスを、平均足の陽線・陰線が切り替わるタイミングと同様に認識します。
  • あとはTDIの形状を見ながら、優位性が高いと思われるポイントで、エントリーを検証していきます。

TMS手法の最大の特徴は、平均足を使用している点でした。平均足はトレンドがわかりやすいことが最大の強みですが、一方でローソク足のプライスアクションが見れなくなります。一方、上記の手法では、通常のローソク足を表示してプライスアクションも確認できるようにして、平均足の代わりに5EMAと5EMA(シフト2)でトレンドの認識を行います。

TDIはシンプルですが、実に奥が深いと思います。
TDIが気に入った方はぜひ、貴方だけの鉄板手法を生み出してください!

テクニカル
スポンサーリンク

Masazoをフォローする
海外のFX会社おすすめ・ベスト3
XM

運営歴10年、口座数3.5百万、196か国対応、Tier1ライセンス所有
最大レバレッジ888倍、最小入金5ドル、追証なし、口座開設ボーナス3,000円、入金ボーナスも多彩
多彩な教育・リサーチコンテンツ
ボーナスで有名な大手ブローカーですが、最大の強みは約定力、信頼度もトップクラスです。

>> XMのウェブサイトはこちら

HotForex

2010年から運営、Tier1ライセンス所有のグローバル大手ブローカーが日本人向けサービスを拡大中
口座数2百万、27か国言語、業界表彰歴35件
最小入金5ドル、レバレッジ1000倍、追証なし
多彩なボーナス、多彩なコンテスト
FXだけなく、仮想通貨、米国株・アジア株・欧州株、ETF、各国の株式指数、VIX指数、原油、商品などの投資もあわせて研究したければ、HotForexがイチオシの品ぞろえです。

>> HotForexのウェブサイトはこちら

Exness

運営歴12年、HotForex・XMに劣らないグローバル大手、Tier1ライセンス・ブローカーが日本向けサービスにも注力展開中。
最小入金1ドルで、レバレッジは無限大(条件あり)、追証なし、通貨ペアの数は、驚異の107ペア!
月次の口座数、取引高、デロイトの監査もすべて開示。レアルマドリッドのスポンサー
老舗巨大ブローカー、ユニークさは抜群です。

>> Exnessのウェブサイトはこちら

FOREX Caffe
タイトルとURLをコピーしました