DMM FX

TradingViewの効果的な描画のコツ「マグネットモード」

はじめに

TradingViewは、MT4よりいろいろと使いやすいので、最近は私もメインで使っています(MT4も使っていますが)
本稿では、そのTradingViewの操作性を格段に上昇させる「マグネットモード」機能を紹介したいと思います。「マグネットモード」を使用することで、綺麗に描けるだけでなく「正確に」描けるので、トレードの成績にも影響します。

マグネットモードとは

マグネットモードとは、「(トレンドラインや水平線をはじめとする)各種の描画ツールの先端を、その近くのバーの最も近い高値・安値・初値・終値にスナップさせる(ぴったりとくっつける)機能です。
描画パネルの下の方の磁石のアイコンをクリックすると、マグネットモードが有効になります。

水平線やトレンドラインなどを、正確にチャートポイントに描画できるようになるので、とても便利です。

誰もが注目するチャートポイントを意味する水平線などは、正確に引いておくとトレード上も有利ですね。

なお、このアイコンをクリックしなくても、「Ctrl(コントロール)」ボタンを押しながら描画すると、マグネットモードは有効になります。こちらの方が早いですね。

マグネットモードは、慣れてくると常にオンの状態でも良いと思います。この場合に「Ctrl(コントロール)」ボタンを押すと、マグネットモードは逆にオフになります。

水平線は、マグネットモードで描画したほうが明らかに良いと思いますが、斜めのトレンドラインを引くときは、人によって好みが分かれるかもしれません。

なお私は、RSIなどのインジケータをチャートの下に表示させて、そのRSIにトレンドラインやダイバージェンスのラインを頻繁に引きますが、そのラインにはマグネットツールは適用されません。

なおマグネットモードのボタンの上にマウスを移動させると、ボタンの右側に「>」のマークが表示されます。このエリアをクリックすると、「弱いマグネット」と「強いマグネット」を選択することができます。

デフォルトは「弱いマグネット」です。このままの弱いマグネットで、普段の使用は十分だと思います。

マグネットモードが最も効果を発揮するのは、フィボナッチの描画

マグネットモードが最も強力な効果を発揮するのは、フィボナッチ・リトレースメントなどのフィボナッチの描画の時です。日足などの長い時間足のチャートでは特に重要です。


上のようにフィボナッチラインの先端の青丸(「描画アンカー」と呼ばれます)をつかんで、フィボナッチを当てたい高値の近くまで移動させると、下のように対象の足の高値にぴったりとくっつきます。

日足や4時間足などの長期足チャートの上でフィボナッチをあてる時は、正確に引かないと、10pips以上ずれたりするので、トレード上も不利になります。したがって、マグネットモードを使って正確に描画したほうが良いでしょう。

 

リソース
スポンサーリンク

Masazoをフォローする
海外のFX会社おすすめ・ベスト3
XM

運営歴10年、口座数3.5百万、196か国対応、Tier1ライセンス所有
最大レバレッジ888倍、最小入金5ドル、追証なし、口座開設ボーナス3,000円、入金ボーナスも多彩
多彩な教育・リサーチコンテンツ
ボーナスで有名な大手ブローカーですが、最大の強みは約定力、信頼度もトップクラスです。

>> XMのウェブサイトはこちら

HotForex

2010年から運営、Tier1ライセンス所有のグローバル大手ブローカーが日本人向けサービスを拡大中
口座数2百万、27か国言語、業界表彰歴35件
最小入金5ドル、レバレッジ1000倍、追証なし
多彩なボーナス、多彩なコンテスト
FXだけなく、仮想通貨、米国株・アジア株・欧州株、ETF、各国の株式指数、VIX指数、原油、商品などの投資もあわせて研究したければ、HotForexがイチオシの品ぞろえです。

>> HotForexのウェブサイトはこちら

Exness

運営歴12年、HotForex・XMに劣らないグローバル大手、Tier1ライセンス・ブローカーが日本向けサービスにも注力展開中。
最小入金1ドルで、レバレッジは無限大(条件あり)、追証なし、通貨ペアの数は、驚異の107ペア!
月次の口座数、取引高、デロイトの監査もすべて開示。レアルマドリッドのスポンサー
老舗巨大ブローカー、ユニークさは抜群です。

>> Exnessのウェブサイトはこちら

FOREX Caffe
タイトルとURLをコピーしました