DMM FX
テクニカル

米国株の調整は終わったのか?

はじめに

昨日月曜日の米国株は大幅に反発、背景としてはワクチン開発関連の報道や、TikTok買収関連の進展などが好感されたようですが、複数の大手金融機関から「過去のパターン通りとすれば、今回の調整終了が近い」という報道も好感されたようです。
ということで、今後のために、今回の米国株の調整の状況をメモしておきたいと思います。

S&P500の値動きと分析

S&P500の1時間足のチャートです。(クリックすると拡大できます。)

米国株は流動性がとても大きいので、ピボットやフィボナッチほかテクニカル指標がとても効きます。

特に週足ピボットの効きの凄さをご覧ください。

さて、今回の調整の規模と値動きをまとめておきます。

下落期間:2020年9月3日(木)~2020年9月11日(金)、7営業日
合計下落幅:290ポイント、マイナス約8.1%

  • 2020年9月3日(木):最大160ポイント(-4.5%)下落
  • 2020年9月4日(金):フィボナッチ・リトレースメント 0.382 レベルまで回復後、その戻りから引いたフィボナッチ・エクステンションで0.786まで再度急落(-140ポイント、-4%)
  • 2020年9月8日(火):フィボナッチ・エクステンション0.236 、および週足ピボットのレジスタンスから反落、同エクテンション1.00、週足ピボットS1近辺まで急落
  • 2020年9月9日(水):フィボナッチ・エクステンション0.382まで急上昇
  • 2020年9月10日(木):フィボナッチ・エクステンション0.382まで一時上昇後、同エクテンション1.00まで再度下落
  • 2020年9月11日(金):週足ピボットS1で反発

 

スポンサーリンク

海外のFX会社おすすめ・ベスト3
XM

運営歴10年、口座数3.5百万、196か国対応、Tier1ライセンス所有
最大レバレッジ888倍、最小入金5ドル、追証なし、口座開設ボーナス3,000円、入金ボーナスも多彩
多彩な教育・リサーチコンテンツ
ボーナスで有名な大手ブローカーですが、最大の強みは約定力、信頼度もトップクラスです。

>> XMのウェブサイトはこちら

HotForex

2010年から運営、Tier1ライセンス所有のグローバル大手ブローカーが日本人向けサービスを拡大中
口座数2百万、27か国言語、業界表彰歴35件
最小入金5ドル、レバレッジ1000倍、追証なし
多彩なボーナス、多彩なコンテスト
FXだけなく、仮想通貨、米国株・アジア株・欧州株、ETF、各国の株式指数、VIX指数、原油、商品などの投資もあわせて研究したければ、HotForexがイチオシの品ぞろえです。

>> HotForexのウェブサイトはこちら

Exness

運営歴12年、HotForex・XMに劣らないグローバル大手、Tier1ライセンス・ブローカーが日本向けサービスにも注力展開中。
最小入金1ドルで、レバレッジは無限大(条件あり)、追証なし、通貨ペアの数は、驚異の107ペア!
月次の口座数、取引高、デロイトの監査もすべて開示。レアルマドリッドのスポンサー
老舗巨大ブローカー、ユニークさは抜群です。

>> Exnessのウェブサイトはこちら

FOREX Caffe
タイトルとURLをコピーしました