MT4/MT5

スポンサーリンク
リソース

今週より、主要な海外MT4サーバーは冬時間に移行

米国東部時間で昨日11月2日(11月の第1日曜日)の午前2時に、夏時間が終了して、冬時間になりました。「GMT-4」から「GMT-5」に移行しています。このタイミングにあわせて、主要な海外MT4サーバー(XM、AXIORY、HotForex、OANDA、FXPro他多数)も冬時間に移行します。「GMT+3」から、「GMT+2」に移行します。
リソース

EAのバックテストとフォワードテストはどちらが重要か?

MT4/MT5のEA(エキスパート・アドバイザー)を開発する際に、開発したEAのパフォーマンスを評価するテストには、「バックテスト」と「フォワードテスト」があります。EAを評価する際に、バックテストの結果に注目することが多いと思いますが、私はフォワードテストの方が、バックテストよりもはるかに重要と思っています。この記事では、なぜフォワードテストの方が重要であるかをまとめておきます。
リソース

ロンドン市場とニューヨーク市場の夏時間・冬時間の切り替わるズレによるEA調整のための時差対応表

3月と11月には毎年、「ロンドン市場は冬時間で、ニューヨーク市場は夏時間」の期間が発生します。ロンドン市場のオープンに合わせたEAは、上記の3月と11月の特定の期間だけ、時間フィルタ(特定の時間だけEAを作動させる機能)を調整する必要がありますので、各ケースごとの時差対応表をつくりました。
リソース

EAバックテスト(MT5)の評価基準の見方

EAのパフォーマンスについては、バックテストをすることによって、多くの基準を使って評価することができます。特にMT5(MetaTrader5)では、MT4よりも、バックテストの機能が大幅に高度化されています。MT5のバックテストをした場合の評価基準について、それぞれ説明していきます。
リソース

海外FX業者のMT4サーバー時間と主要市場の時差対応表

海外FX業者のMT4サーバー時間と主要市場の時差対応表 下記のテーブルは、MetaTraderのEAの開発などで必要になる時差対応表です。自己利用用ですが、みなさんにも使って頂ければと思います。 緑色:ロンドン市場 黄色:...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました