CCI

スポンサーリンク
テクニカル

CCI解説(3)CCIのダイバージェンスを使いこなそう

CCIのダイバージェンスは感度が高いので、RSIで1回のダイバージェンスを捉える間に、細かく2回のダイバージェンスを捉えることがあります。RSIのダイバージェンスの先行シグナルとして両者を併用して使うことで、さらに優位性のあるエントリーができる可能性があります。さらに平均足を使った実例も紹介します。
テクニカル

CCI解説(2)CCIを「スムーズ化」してみる

CCIを使う上でのもっとも大切なポイントは、「どうやってダマシを回避するか」です。ダマシの回避には、いろいろなアイディアがありますが、「スムーズ化してみる」ということは、かなり有力な方向性であると思います。スムーズ化とは「平均化」「平滑化」とも呼ばれ、CCIのスムーズ化とは、CCIの値についてある特定期間の平均値をとって動きを滑らかにする、ということです。
テクニカル

CCI解説(1)CCIは「早くかつ繊細な」最強インジケータ

CCIは、Commodity Channel Indexの略で、商品チャンネル指数と呼ばれるオシレーター系のテクニカル指標です。CCIが反応が他のオシレータよりも早く、また繊細に反応する特徴があります。反応が早いということは、裏をかえせばダマシが多いことです。ダマシを回避してCCIを最強インジケータとして使うためのヒントをご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました