リソース

リソース

TradingViewのブラックフライデー・セール、本日スタート5日間

TradingViewのブラックフライデー・セールが本日スタートしました。2020年11月23日:日本時間午後5時スタート、5日間です。TradingViewは、毎年1回、「ブラックフライデー・セール」として、サービス利用料を大幅にディスカウントする期間を設定しています。Proプランでは-40%、Pro+プランでは-50%、Premiumプランでは-60%と大幅な割引きとなっています。また、新規のユーザーだけでなく、既存のユーザーの方も割引きの対象になっています。
リソース

FXトレーダーは、チャートにずっと張り付くべきか?

「FXトレーダーは、チャートにずっと張り付くべきか?」という、なかなか答えが出ない難しい問題について、記事にしたいと思います。トレードスタイルで選ぶ、エントリーまで張り付く、好きな方を選ぶ、生活が豊かになる方を選ぶなどいろいろな考え方があると思いますが、私が「なるほど、これが結論」と思う考え方を紹介します。
リソース

もうすぐTradingViewのブラックフライデー・セール!

もうすぐ(あと1週間ほど)で、TradingViewのブラックフライデー・セールがスタートします。 セールが始まったら、あらためてお知らせしますが、今回はその事前のお知らせです。TradingViewは、毎年1回、「ブラックフライデー・セール」として、サービス利用料を大幅にディスカウントする期間を設定しています。過去の年のセールの料金では、Proプランでは-40%、Pro+プランでは-50%、Premiumプランでは-60%と大幅な割引きとなっています。また、新規のユーザーだけでなく、既存のユーザーの方も割引きの対象になっています。
リソース

おすすめの海外VPS「TradingFXVPS」

高速のレイテンシーとコストパフォーマンスのバランスがより良い海外のVPS業者「TradingFXVPS」をご紹介します。メモリが4GBで、サーバーの場所をニューヨーク、ロンドン、アムステルダム、フランクフルトから選択できて、月額45ドル(初期料金無し)ですので、高速のレイテンシーとコストパフォーマンスのバランスがとても良いと思います。CPUのコア数やSSDの容量よりも、より重要なのはメモリのサイズとサーバーの場所です。また、FX業者を検索して、レイテンシの状況を確認することができます。
リソース

今週より、主要な海外MT4サーバーは冬時間に移行

米国東部時間で昨日11月2日(11月の第1日曜日)の午前2時に、夏時間が終了して、冬時間になりました。「GMT-4」から「GMT-5」に移行しています。このタイミングにあわせて、主要な海外MT4サーバー(XM、AXIORY、HotForex、OANDA、FXPro他多数)も冬時間に移行します。「GMT+3」から、「GMT+2」に移行します。
リソース

EAのバックテストとフォワードテストはどちらが重要か?

MT4/MT5のEA(エキスパート・アドバイザー)を開発する際に、開発したEAのパフォーマンスを評価するテストには、「バックテスト」と「フォワードテスト」があります。EAを評価する際に、バックテストの結果に注目することが多いと思いますが、私はフォワードテストの方が、バックテストよりもはるかに重要と思っています。この記事では、なぜフォワードテストの方が重要であるかをまとめておきます。
リソース

ロンドン市場とニューヨーク市場の夏時間・冬時間の切り替わるズレによるEA調整のための時差対応表

3月と11月には毎年、「ロンドン市場は冬時間で、ニューヨーク市場は夏時間」の期間が発生します。ロンドン市場のオープンに合わせたEAは、上記の3月と11月の特定の期間だけ、時間フィルタ(特定の時間だけEAを作動させる機能)を調整する必要がありますので、各ケースごとの時差対応表をつくりました。
リソース

Pine Script(Pineスクリプト)入門解説(17)アラート条件の設定:alertcondition

PineScript入門ガイドの17回目として今回は、TradingViewとPineスクリプトのアラート機能をまとめておきます。「alertcondition関数」は、アラート作成ダイアログで利用できるアラート条件を設定します。alertcondition は直接アラートを作成せず、アラート作成ダイアログで、より多くの選択肢を提供する機能です。TradingViewで、今回作成したアラートを詳細設定する流れも説明します。
リソース

EAバックテスト(MT5)の評価基準の見方

EAのパフォーマンスについては、バックテストをすることによって、多くの基準を使って評価することができます。特にMT5(MetaTrader5)では、MT4よりも、バックテストの機能が大幅に高度化されています。MT5のバックテストをした場合の評価基準について、それぞれ説明していきます。
リソース

海外FX業者のMT4サーバー時間と主要市場の時差対応表

海外FX業者のMT4サーバー時間と主要市場の時差対応表 下記のテーブルは、MetaTraderのEAの開発などで必要になる時差対応表です。自己利用用ですが、みなさんにも使って頂ければと思います。 緑色:ロンドン市場 黄色:...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました