DMM FX
ファンダメンタル

各国株価指数の今週の下落状況

はじめに

今週は、木曜・金曜と米国株が下落したことで、リスクオフの相場になりました。
ここで、各国の株価指数の状況をみてみたいと思います。

各国株価指数の今週の下落状況

下のチャートは、主要な各国の株価指数の、2020年年初からの相対比較です。年初からの上昇率の大きいものから順に、

  • ナスダック (米国)
  • 上海総合指数(中国)
  • S&P500 (米国)
  • 日経平均(日本)
  • ダウ30(米国)
  • DAX30(ドイツ)
  • AU200(オーストラリア)
  • FTSE100(英国)

となっています。
今週は、IT・ハイテク株中心のナスダックの下落が大きいのがわかりますね。他の株価指数よりもこれまで大きく上昇してきているので、調整がどの程度になるか、要注意です。

1.主要株価指数の相対比較(2020年1月~2020年9月4日)

2.主要株価指数の相対比較(2017年1月~2020年9月4日)
ご参考に過去3年半(2017年~)を比較すると、以下のようになります。
米国株、中でもナスダックのパフォーマンスが群を抜いていることがわかりますね。
(ナスダックは3年半で150%の上昇、今週の下落で135%になっています。)

 

スポンサーリンク

海外のFX会社おすすめ・ベスト3
XM

運営歴10年、口座数3.5百万、196か国対応、Tier1ライセンス所有
最大レバレッジ888倍、最小入金5ドル、追証なし、口座開設ボーナス3,000円、入金ボーナスも多彩
多彩な教育・リサーチコンテンツ
ボーナスで有名な大手ブローカーですが、最大の強みは約定力、信頼度もトップクラスです。

>> XMのウェブサイトはこちら

HotForex

2010年から運営、Tier1ライセンス所有のグローバル大手ブローカーが日本人向けサービスを拡大中
口座数2百万、27か国言語、業界表彰歴35件
最小入金5ドル、レバレッジ1000倍、追証なし
多彩なボーナス、多彩なコンテスト
FXだけなく、仮想通貨、米国株・アジア株・欧州株、ETF、各国の株式指数、VIX指数、原油、商品などの投資もあわせて研究したければ、HotForexがイチオシの品ぞろえです。

>> HotForexのウェブサイトはこちら

Exness

運営歴12年、HotForex・XMに劣らないグローバル大手、Tier1ライセンス・ブローカーが日本向けサービスにも注力展開中。
最小入金1ドルで、レバレッジは無限大(条件あり)、追証なし、通貨ペアの数は、驚異の107ペア!
月次の口座数、取引高、デロイトの監査もすべて開示。レアルマドリッドのスポンサー
老舗巨大ブローカー、ユニークさは抜群です。

>> Exnessのウェブサイトはこちら

FOREX Caffe
タイトルとURLをコピーしました