スポンサーリンク

一目均衡表とダイバージェンスの手法(1)概要

はじめに

このシリーズでは、人気のあるインジケータ「一目均衡表」と、オシレータ系のインジケータの「ダイバージェンス(通常のダイバージェンスおよびヒドゥンダイバージェンス)」を使った手法について、何回かの記事に分けてまとめておきたいと思います。

一目均衡表とは

一目均衡表は、都新聞(みやこしんぶん、後に合併して東京新聞)という日刊新聞の商況部部長だった細田悟一氏が述べ2000人の人手とともに、7年の時間をかけて開発、1935年(昭和10年)に「新東転換線」として都新聞の紙面で発表されました。戦後、細田氏がペンネームを「一目山人(いちもくさんじん)」としたのに合わせて、「一目均衡表」と改名されました。(一目均衡表公式ホームページ:経済変動総研
世界に先駆けた近代的テクニカル分析の手法として東洋の神秘と呼ばれ、現在は世界的に普及しています。

一目均衡表は、MT4/MT5でも標準のインジケータに含まれています。日本人として誇らしいですね。

一目均衡表の構成要素

一目均衡表は、基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンという5つのラインと、1つの領域(雲)で構成されています。

  • 基準線: (過去26日間の最高値+同最安値)÷2
  • 転換線: (過去9日間の最高値+同最安値)÷2
  • 先行スパン1: 「(転換値+基準値)÷2」を(当日を含めた26日先すなわち)25日先にプロット
  • 先行スパン2: 「(過去52日間の最高値+同最安値)÷2」を(当日を含めた26日先すなわち)25日先にプロット
  • 遅行スパン: 当日の終値を26日前にプロット
  • 雲: 先行スパン1と先行スパン2の間の領域

基準線、転換線、遅行スパンそれぞれについて、売買シグナルの考え方が広く紹介されています。

また、雲(先行スパン1と先行スパン2に挟まれた領域)については、現在の価格が雲より上にあれば下値支持(サポート)帯、抵抗帯より下にあれば上値支持(レジスタンス)帯として作用して、かつ雲の厚みがその抵抗力(サポートやレジスタンス)の強弱を示すとされています。

今回のシリーズでは、「雲」に焦点をあてて、他のインジケータとの併用、特にオシレーター系インジケータのダイバージェンスを併用した手法について、まとめていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました