トレード日誌:2020-10-14 ポンド、再び1.30を割り込んで全面安

本日の環境認識

おはようございます。

昨日の米国株は、3指数とも反落、J&Jが臨床試験を中断したことなどが嫌気されました。

為替市場は、リスク回避のドル買いが優勢となりました。ユーロドルは1.173まで軟化しました。英・EUの貿易交渉は依然として難航しており、ジョンソン英首相が独自に期限として設定している10月15日を今週の木曜日に迫り、合意なき離脱へのリスクへの警戒により、ポンドは先週金曜日に回復した1.30を再度割り込み、全面安の展開で1.293台まで売られました。

ポンドドルの日足は、あえなくダマシの展開となりました。
為替市場はポンドに右往左往しています。しばらく様子見がよさそうです。

EURUSD H1(クリックで拡大できます。)

GBPUSD H1(クリックで拡大できます。)

昨日(金曜)の通貨強弱

currency-strength.com

昨夜(金曜)の米国市場

DJIA: 28,679.81 (-157.71, -0.55%)
NASDAQ: 11,863.9 (-12.36, -0.1%)
S&P 500: 3,511.93 (-22.29, -0.63%)
GOLD: 1,894.8 (+0.2)
OIL: 40.23 (+0.03)
US 10-YR: 0.732 (+0.005)
VIX: 26.07 (+1)

本日のアジア市場

Nikkei: 23,565~ (-36)
CME Dow future: 28,628~( -51 Dow)

本日の注目経済指標

日本時間 21:30 (米) PPI

市況

  • 昨日の米国株は、3指数とも反落、決算発表が始まる中、J&Jが臨床試験を中断したことなどが嫌気されました。
  • 為替市場は、リスク回避のドル買いが優勢となりました。ユーロドルは1.173まで軟化しました。英・EUの貿易交渉は依然として難航しており、ジョンソン英首相が独自に期限として設定している10月15日を今週の木曜日に迫り、合意なき離脱へのリスクへの警戒により、ポンドは全面安の展開で1.293まで売られました。
トレード日誌
スポンサーリンク
Masazoをフォローする
海外のFX会社おすすめ・ベスト3
XM

運営歴10年、口座数3.5百万、196か国対応、Tier1ライセンス所有
最大レバレッジ888倍、最小入金5ドル、追証なし、口座開設ボーナス3,000円、入金ボーナスも多彩
多彩な教育・リサーチコンテンツ
ボーナスで有名な大手ブローカーですが、最大の強みは約定力、信頼度もトップクラスです。

>> XMのウェブサイトはこちら

HotForex

2010年から運営、Tier1ライセンス所有のグローバル大手ブローカーが日本人向けサービスを拡大中
口座数2百万、27か国言語、業界表彰歴35件
最小入金5ドル、レバレッジ1000倍、追証なし
多彩なボーナス、多彩なコンテスト
FXだけなく、仮想通貨、米国株・アジア株・欧州株、ETF、各国の株式指数、VIX指数、原油、商品などの投資もあわせて研究したければ、HotForexがイチオシの品ぞろえです。

>> HotForexのウェブサイトはこちら

Exness

運営歴12年、HotForex・XMに劣らないグローバル大手、Tier1ライセンス・ブローカーが日本向けサービスにも注力展開中。
最小入金1ドルで、レバレッジは無限大(条件あり)、追証なし、通貨ペアの数は、驚異の107ペア!
月次の口座数、取引高、デロイトの監査もすべて開示。レアルマドリッドのスポンサー
老舗巨大ブローカー、ユニークさは抜群です。

>> Exnessのウェブサイトはこちら

FOREX Caffe
タイトルとURLをコピーしました